« スローバラード | トップページ | ▲仮面ライダーディケイド 第15話「超モモタロス参上」 »

2009年5月 3日 (日)

★シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体」

メンバーが何となく打ち解けた頃に
改めて〝主従〟の設定を締めてくる

…このタイミングがいい。
このまま、中盤までいくんだろう(多分)

今回は、殿(丈瑠)の弱い部分の描写が丁寧に描かれてました。
揺れているわけでなく、ちょっと立ち位置がわからなくなった
…って事ですね(それを示唆する言葉を、殿も発している)
それを察しているジイも天晴れです。

今回も〝凹んだ子の天使〟姐さんの分かりやすいコメント有り。
これで、千明や流之介・ことはへのフォローと意思確認。
それぞれのキャラクターの位置にブレがなく
見てて気持いいです。

しかし、今回はっきりと
一般人にも外道衆の犠牲になった亡くなった人がいるという
台詞がありました。しかも、父を亡くした頃の殿と同じ位の子から。

新たな決意としての、生身の殺陣。 

そこへ、皆も駆けつける。
殿へ語りかける言葉は皆、自分への決意でもある。
それぞれ〝彼等らしい言葉〟でようございました。

皆でフルボッコ…いや、連携して敵を倒し、巨大戦。
流之介ったら、いつの間に合体用レジュメを作成してんの?
しかも、カラーで(笑)
いや…こういうのは、事前にジイなんかにみせて
戦う前にシュミレーションとかしようよ~(笑)

っていうか、超合体なんだから、そのモヂカラは?特訓とか必要ないの?いや、それを解消するために皆で〝超〟の文字を書いたのか?(いつもの合体は殿だけだったし)

ま、なんだかんだいって、初めてなのに、見事超合体(笑)
「初めてお前に感心した」って…
殿…ひでぇ…
殿の中ではずっと残念なキャラだったんだね。
流之介、あんなにいい子なのに(笑)

戦い終わって、じいが笑顔で皆を迎えるのが微笑ましい。
「端午の節句の馳走」って(笑)
ジイにとっては、皆大事な子供…いや孫?

次回は、女子2人のお話。
またあのデンジャラスな料理が…

★途中からこちらに引っ越してきました。
 シンケンジャー6幕まで及びゴーオンジャーは下記

 http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★シンケンジャー・INDEX 一幕~十幕
 http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-ba22.html

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
そういえば、菖蒲湯の用意しなきゃ。ぽち応援是非!

|

« スローバラード | トップページ | ▲仮面ライダーディケイド 第15話「超モモタロス参上」 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/44880243

この記事へのトラックバック一覧です: ★シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体」:

» 今日のシンケンジャー 第十二幕 [地下室で手記]
「史上初超侍合体」殿が一人で出て行ってしまったという事で。屋敷では流ノ介とことはが重症の中、茉子は千明に殿のつらい立場について考えた事を話します。殿という立場をまわりにペコペコされるというだけのものという認識程度の千明でしたが、自分のために身を犠牲にす...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 11時50分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体」 [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
「-しじょうはつちょうさむらいがったい-」・・・だから、長いっつーの(^^;前回の戦いで重傷を負った流ノ介とことは。家臣を危険に晒すことの重さに耐えかね、屋敷を飛び出した丈瑠。そんな丈瑠をジイは探しに行かず、自分から戻るのを待っていました。それだけジイは丈瑠...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 11時56分

» 侍戦隊シンケンジャー第十二幕「史上初超侍合体」 [超特撮艦隊3バるカんX(関東支部)]
「やったぁ!!やりましたよ殿!」 「初めてお前に感心したぞ!」 流さん、こんな時のために企画書配布ってwww いつ作ったのそんなのw そして殿も感心したからって企画書見ながら戦わなくてもw せっかく殿の覚悟が決まる瞬間がカッコよかったのに、流さんが全部持って... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 13時11分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕 史上初超侍合体 [レベル999のマニアな講義]
『史上初超侍合体』内容アヤカシ“ウシロブシ”、十臓らとの戦いの中、自分を守るために傷を負った流ノ介(相葉弘樹)達を見て、“殿”という重さを改めて感じた丈瑠(松坂桃季)は、姿を消した。丈瑠を気遣い、冷静に振る舞う彦馬(伊吹吾郎)は、最後まで招集をためらっ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 14時06分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕 [ふしぎなことだま]
今回はなんと言ってもあの、某会社のボーイズトイ部門の企画書みたいな 流ノ介の説明書でしょw 「はじめておまえに感心したぞ!」って、丈瑠、何気にヒドいな(^^;) ・・・・ところでワタクシは、朝から首を寝違えて、イタイですわ。 朝、といえば、みんなが丈瑠の行方とじいの様子を心配していた所へ やって来たじい。・・・・の腰にぶら下がってた、あのカラフルなシッポは一体!? ・・・・まさかアレが、バイクのキーだったりしたら笑うんですけど(w じいは、丈瑠を信じて探さずに待つという事で。信頼してますね。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 14時08分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体」 [不惑にして特撮に惑う]
戦いへの決意。単に「正義を貫く」「人を守る」だけはない。共に戦う「仲間を大切にする」のとも違う。戦隊モノという仲間意識の強いヒーローに、「主従関係」を織り交ぜているシンケンジャーならではだった。そして新たな決意と同時に完成する超合体。非常にドラマチックな..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 14時16分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」 [JAOの趣味日誌]
テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー 丈瑠は一人悩んでいた。家臣の命を預かるという 殿としての重圧に、もちろん誰よりもそれをわかっていた のはじいである彦馬だ。だからこそ丈瑠を信じて探そうと しなかったと思う。一方外道衆ではドウコクが腑破十臓に 怒り爆発。さすが外道衆の総大将、十臓を動けなくするが 十臓人間の姿になりかろうじて逃げる。 今後の十臓が気になる・・・・・・・・・ 4人は最後まで家臣を戦いに巻き込むまいと一人で戦っていた。 丈瑠の話を彦馬から聞いて丈瑠に命を預ける覚悟を決めた... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 16時38分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体」 [MAGI☆の日記]
侍戦隊シンケンジャーの第12話を見ました。プロッププラスプチ侍戦隊シンケンジャーBOX第十二幕 史上初超侍合体ドウコクが放ったアヤカシ・“ウシロブシ”に窮地に追い込まれたシンケンジャーは何とか危機を脱したものの、自分を守るために流ノ介とことはに重傷を負わせ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 17時33分

» シンケンジャー第十二幕感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(左利き)]
侍戦隊シンケンジャー第十二幕「史上初超侍合体」家出した殿、あえて探さないジイ。殿を信じてるんですね。十蔵が邪魔をしたことを知って怒るドウコク。十臓に殿への手出し許可してたじゃん・・・・まぁ、状況が変わったからねぇ〜。殿の辛い気持ちを代弁してあげる茉子。...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 19時59分

» 侍戦隊シンケンジャー#12. [色・彩(いろ・いろ)]
「史上初超侍合体 」 「皆の命を預かる重み」に耐えかねて「家出」していた丈瑠。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 23時02分

» 侍戦隊シンケンジャー#12 [Sweetパラダイス]
家出した殿。誰も探さないのね心配じゃないの?殿を信じてる殿、急に飛び出したら危ないよ〜迷子の迷子の殿〜あなたのおうちはどこですか〜腕フェチの十臓広樹君くんに優しい殿広樹君に嫉妬私にも優しくし・て美しい主従関係に涙流ちゃん企画を考えてたのか設定資料集まで...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 00時21分

» 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」 [無限回廊幻想記譚]
前回の続編。志葉丈瑠(松坂桃李)が外道衆を倒す切り札と知ったシンケンジャーと外道衆。ウシロブシ(声:諏訪部順一)との戦いで、自分を庇って池波流ノ介(相葉弘樹)と花織ことは(森田涼花)が重傷を負ってしまった事で、志葉丈瑠(松坂桃李)は屋敷からいなくなってしまった... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 18時12分

» 『侍戦隊シンケンジャー』第十二幕『史上初超侍合体』 [なまけもののひとりごと]
先週のめ○ましテレビでしたか……。 今、歴史ものに熱い『歴女』の話題になった時に、戦国BASARAはまあ戦国なのでいいとして(?)、シンケンジャーも取り上げられてて、吹いちゃいけないけど「いや、それちょっと違うだろ!」と吹いてしまいました。... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 20時35分

» 侍戦隊 シンケンジャー   〜第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」 [Happy☆Lucky]
 〜第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」 [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 23時24分

» 初めてお前に感心したぞ(シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍... [空に向かって小さく吼えてみる]
忠誠心が一番高い流之介に、何気に酷い言葉を放つ殿様w さてさて、今日は良質な話が多い本作品でも 屈指の名エピソードになったのでは?と思います。 第一幕でそれぞれ想いは違うも、 シンケンジャーとなることを選んだ4人。 しかし、決意にはどこか軽い印象があった。 そんな彼らであったが、外道衆との数々の戦いを通じ、 侍として、家臣として戦う意味を模索し続け、 丈瑠が背負う『当主』の重さを知った時、 更に強い意志で殿へ命を預ける決意をする4人。 そし... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 02時03分

» 侍戦隊シンケンジャー(第12幕)「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」 [なおちゃんのつれづれ日記]
丈瑠のいなくなった志葉家。 夜。空席となった座布団を一人見つめる彦馬。 「殿…」 兜を見つめる。 街中。クラクションの音。 「あいつらは…、きっとこれからも…」 自分の盾となり負傷した流ノ介とことはを思う丈瑠。 「それでも、俺は…」 街中をあてもなく一人彷徨... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 08時25分

» シンケンジャー12話感想 [瑠璃色の蝶]
第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」 ・ジイは丈瑠の気持ちはお見通し でもあえて探しはしないと 自分で戻ってくるのを待つそうです 渋いなあ 相変わらず ・相変わらず身内にも辛口な外道衆 ウシロブシもご機嫌斜めです 十臓が邪魔をして..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 23時30分

« スローバラード | トップページ | ▲仮面ライダーディケイド 第15話「超モモタロス参上」 »