« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

◎古代少女ドグちゃん 第八話 『妖怪 鯉しくて』

ドンドンドン
カカッカ!!

「じゅくじょ!!」
「をんなっ!!」
…って…(笑)

さすがのはじけっぷり…竹中直人…

しかし、どんだけ破壊力抜群だろうと、
かなり期待していたんですが、
んーそうでもなかったかも
ミルヒ・ホルスタインの方が
よっぽど妖怪だったよ(←あ、誉め言葉です)

手をかざして「こ・い」とするところは
秀吉を思い出したーーーーTT
「心・配・ご・無・用」懐かしいーTT

いやー
窪田君も好きだけど。
ごめん
竹中さんの妖力には勝てないやー(笑)
もうすさまじいほどのコント状態で
ネタの嵐だよ…これだけの大物俳優つかって
何という贅沢な(笑)

離婚届が好物とは意外だったなー。

「案外、普通の生活が幸せだったりする」
といって〆させるのも気が効いてたかも。

そのままの意味でもOKだし
ひねくれた考え方をしても中々乙だな。

竹中さんのコントでお話しの方が薄かったんですが
いいんだ。楽しんだから・・・・。

竹中直人最高!!

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

◆「Xmasの奇跡」 終了

◆「Xmasの奇跡」終わりました。
 個人的に注目している俳優さん、窪田正孝くんが
 出演されているというので見たのです。

 窪田君すっごく素敵だった!!

終えてみての物語の感想
 〝奇跡のルール〟の設定ががイマイチあまい。
 …登場人物の行動も自己中で、ちょっと疲れた

 物語の進行もなんというのか…
 一本筋の通った柱が無く、登場人物もブレてた。

 …やっと最後に
 「健には健の人生がある」っていったけど

 そこは最初に言ってあげようよー。

 奇跡のルール…だけど
 心臓停止になって、3度も生還しています。
 最初の1回は別として、さすがに多い
 

 物語のテーマと目的というのは別物
 この話で言うと、
 目的は、直に前を向かせること(立ち直らせること)
 テーマは、こーじも言っていた「音楽は思いだ」
 …なんだよね。それがいっしょくたになってる。
 もっと細かく言うなら、始まりは1人への思いだけど
 それをどう広げるか表現するか…伝えるかは別。
 そしてそれこそが、大事なもう一つの「音楽は思い」
 というテーマの軸なんだよね。
 そういうことが伏線も無く、台詞での訴えが多すぎ。
 

 まあ、それを実践していた健(窪田君)と
 テーマ曲に支えられて、何とか見れてきましたが…
 窪田君は正しくこのテーマと目的を理解したうえで
 難しい役を好演していたと思います。
 気持ちが届いてくるのは彼だけだったから。



◆まあ、言いたいことは山ほどあるけど、
 ↑な事を言ってても、毎日楽しみにして観てたよ。  

◆窪田正孝君の演技は、本当に頑張ったんだなと思う。
 低い声を出すところではちょっと聞きとりにくかったり
 あー一杯一杯なのだろうか…と思う処もありましたが
 難しい役柄をよくやり抜いたと思います。

 直のことを心配して、息せき切って
 止めに来た時前後は、グッときましたよ。


 この作品で、また成長したんじゃないかなあ。
 (キスシーンだけじゃなくってね…
  いやだって、最初はエロくもなんともなかったけど
  その次は、いつの間には上手くなってたし…)

 次回の仕事は舞台です「トライフル」
 応援しに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

◎古代少女ドグちゃん 第七話 「妖怪ピーオン登場」

正孝君のナレーションで、
ドグちゃんをお姫様だっこして来たとき
吹いた。すまん(笑)

でも、あの眼光はかっこよかったよ。

もう、この時点から
妄想か夢オチかどっちかだとは思ってたけど
楽しかったなー見てて。

しかしながら、かなり風刺は効いていて
しかも、とんでもない方向にエスカレートしていく。

ダダもれな自由もどうかと思うけど
当初の意味をだんだん外れて暴走しがちなんだよね
規制って。
今の政権が本当にやりたい事(人権●●法案)も
これだね。そう思うと笑えないな。

しかも、視覚的にもすさまじい状態で
風景も人間もモザイクになってしまう。

最終的には、
チンケな妖怪に悪夢を魅せられていたという夢オチ
しかし、単なる夢オチじゃなくて
規制のされ方もちゃんと段階を踏んでいるし
キチンと見せていて、スタッフの心意気を感じる。

んで、最期はドグちゃんに〝胸一杯〟をさせる
これが締めのオチってやつですか。

「無事だったんだね」といって
ハグしようとする誠とか
外に出て行った慎太郎がモザイク化と共に
目を隠されてるし
あの、可愛すぎるハートの下着とか(笑)
モザイク解除装置とか、個人的に笑いのツボ。

そういうのこそ皆に見てほしいんだけどなあ。

…さて次は竹中直人出陣!!

竹中直人炸裂!!…いや炸裂するだけで済むか?(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

明日から冬休み

◆明日から冬休みです。
 12月は、ほぼ毎日ちょっと遠くの街に勉強しにゆく息子
 まあ、勿論ついていくんですけど(1人じゃまだ無理)
 BOOKOFFも百貨店もあるし、結構私が楽しみだったり…。

 PTAの仕事関係で多忙で、11・12月は買物に行くのも難儀してたし
 ごく最近までガハガハ咳してたし、今も持病でてなんだかなーだし
 まあとにかく、2時間くらいのんびり喫茶で読書を楽しむ所存。

◆んで、今までためたお金で、勉強が終わったらゲームするんだ
 …っていってるんだけど、「ゲッテンカ」っていうのらしい

 …レキシ仙人が、戦国の世に現れ、天下一を決めるバトルを始め
 勝者には何でも願いがかなうノートに願いを書き込める…というもの

 …思いっきり何かをパクっているような気がしないでもない(笑)

 んで、そのキャラの名前なんだけど
 「モンキーひでよし」とか……あんまりじゃないか?

◆年賀状作成中の旦那
 遊び過ぎて何種類も作っている…
 いや…文句は無いけど
 私もそろそろその機械に慣れたいのだが…。

◆仁は、伏線回収が一切なされず、消化不良。
 結構ぶーぶー言ってる人が多いけど
 さほどひどくない…とおもうのは、
 ディケイドで辛酸をなめたからだろうか(←ってか特撮と比べるな)
 
 とはいえ、結構気にいってました。
 特に竜馬さん。〝しゅじゅちゅ〟にワロタ。
 やはり映画か続編があるんだろうなあ。
 
 洪庵さんの若いころを、窪田正孝君が演じていたことがあったので
 〝まーーーー大きくなって~〟なんて思いながら見てたよ(笑)

◆あ、正孝君の舞台「トライフル」
 1列の4番でした。
 かぶりつきですがな。

 リミッター外れ気味な、ハアハア演技見に行くぜ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

●仮面ライダーW 第15話 強盗ライダー 『Fの残光/強盗ライダー』

『俺の名前を言ってみろ』
状態の偽物…

ジャギか!?
恰好もそれっぽいしなー(笑)

今回はデストロンの皆さん(←嘘)
に笑わせていただきました。

2人で罠にかかっちゃいましたねー
冴子はフィリップ君を〝ライト〟と読んで
お家に帰りましょうという。
ストレートに園咲の人間であると明かしました。
なんだかドキドキする展開です。
これからどうなるんだろう。

園咲家の連中は、血はつながってなさそうな…
なんだかねー
「鋼の錬金術師」の〝お父様〟と同じ響きに
聞こえるんだよねー。
「地球に選ばれた家族」って言ってたしね。

そこに、フィリップ君が関わってくるなら
個人的には楽しみだな。

今回の翔太郎は、無駄に熱かったです
仮面ライダーという名前がそんなに気に入ってたんだ~
風都の人につけてもらったからね~
ただ
“仮面ライダーの名前を汚してくれたな”
というのは、熱くなりすぎなんじゃないかと…
っていうか、微妙にキャラじゃない気がするんだよね。
なんか焦りすら感じるというか…。

今回、もう一歩ハードボイルドに近づいた翔太郎。
最終回までにどこまで近づけるかな~

ハードボイルドってさ~
自分の失敗で亡くしたものを引きずりながら
しかもそれを忘れられないせいで
窮地に陥り、かっこ悪いったらない状態になるんだけど
それが逆にカッコいい…というキャラクターだと
個人的には定義しています。

翔太郎。
マダマダだと思われます(笑)

★〝電王〟〝キバ〟は
http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★ディケイド・INDEX 1話~10話
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/index-01e1.html
★ディケイド・INDEX 11話~20話
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-b22e.html

>にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (27)

★侍戦隊シンケンジャー 第四十三幕『最後一太刀』

素晴らしい展開!
参りました。

はぐれでもなく、人でも外道でもない
中途半端なものであると何度も強調してこその
今回のどんでん返し…
十臓まさに『外道』。
はなから承知の上だったか。

十臓とは敵味方を離れたところで唯一接触のあった
源太を絡めてくるのは、良かったと思う。
十臓を言葉で止められるのは、彼しかいないと
思っていたけど、いい意味で裏切られました。

〝本流とは離れたところにあるもの〟
それが外道というなら、ある意味源太もそうだ

楽に倒せる機会を逃した事
十臓の家族のことを考え、
戦いに行くのでなく、話に行った源太

「考えたあげく、おれは、こんなに甘い」
そう、甘いかもしれない。
しかし、その侍から離れたとこにいるという事
そういう考え、行動できる自由さが彼の強さだ。

しなやかで強く、自由。
そのことを、他のメンバーも知っている。
『うちの六人目』って台詞もグッと来た。
流ノ介、千明が認めているのも分かるよ。
殿も源ちゃんを大事にしてる。

元・人だから外道にはなれない。
だからこそ、地獄を呼び出すと考えていたアクマロ
家族を人質にすればさすがに折れると思っていた
太夫で実験済みだからね。

しかしすでに、本当の外道に落ちていた十臓
だから、彼がきったところで地獄は出現しない。

ここのストーリー展開のまとめ方も上手いよね。

アクマロのえげつない外道らしさも良かったけど、
十臓も良い感じ。狂気。
私の希望通り、外道として華々しく散ってくれるだろう
楽しみだ。

★シンケンジャー6幕まで及びゴーオンジャーは下記
 http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★シンケンジャー・INDEX 一幕~十幕
 http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-ba22.html
★シンケンジャー・INDEX 十一幕~二十幕
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-58e5.html

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (4) | トラックバック (21)

2009年12月18日 (金)

◎古代少女ドグちゃん 第六話「妖怪 人形つかい 登場」

いーーやーーー!!
怖い
人形怖い。

個人的には貞子より怖かったです。
もーやめてよもー(TT)

まあ、それだけ人形の完成度高かったんだけど…
ああいうのを、死んだ娘さんの代わりにするのは
リアル過ぎて私はやだ…。
こっちが参っちゃうよ。
イッちゃってるというよりも、
もうこの世の人ではないという雰囲気だよ。お父さん。

子供がいなくなったらどうなるだろう。きっと私は、子供の遺品をずっと捨てられなくて、それを見ながら毎日泣いて暮らすと思う。心は既にこの世には無いと思う。だから気持ちは解るよ。

事故で亡くして寂しいのと後悔と懺悔。

辛いんだなとは思うけど、それから先はもう欲望の塊になっていて痛々しい。

なんか後味悪いよ~

ドグちゃんの言葉も、最後のじゃんけんの台詞も
直球で容赦ない言葉だよね。
「引きずらないためだよ」とは言ってたけど
けっこう鋭く刺さったんじゃないのかな。
誠にもね。

死んだらきれいさっぱりいなくなる…
って言われて、引っかかるものがある誠
…そうだよねーお母さん無くしてるんだもん。
お母さんの遺品、綺麗にとってるんだもん。
捨てられないんだもん。
寂しい気持ちになっちゃうよね。

妖怪退治の話だし
誠のお母さんにかかわる話も、今後
出てくるんだろう。
楽しみだけど、せつなそうだ。

p>にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

◎古代少女ドグちゃん 第五話 『妖怪 カニ光線』

「ジーク・カニオン!」
「ジーク・カニオン!!」

って(笑)

新技、スキャニング!!
いいなあれ、
私にもビーム放出してください(笑)

ちょっとテンポが落ちたなあという部分は
あったものの、テーマの持って行き方とか
台詞の出し方とか、相変わらず上手いなあと。

彼女を伴って、「就職できた」と
家に訪ねてきたいとこが、何だかおかしい
…と彼らをつけるとそこでは
安い賃金でつらい労働をさせられている
人々の姿が…。

今回の妖怪は、カニ…頭についてるのは
銃を持った手…後ろ姿…一瞬歌舞伎かと思ったよ。
カニビーム凄いな~

いている人は、ここで働くのは良くないと
いつつもけられない
辛いといいつつも、そうやってあきらめて
何もやってないわけじゃないんだから
無意味なことじゃないって、
そんな頼りない物にすがってでも、
分を安心させたいだけ…なんだよね~

それは社訓の最後にも表れてて
会社 博光丸 
その1 働かざる者 食うべからず
訓その2 ニートを追う者は イートをも得ず
その3 てるだけ ればいい
その3が怖いよ。
(1&2はほぼ同じ内容なんだけど、上手いと思う)

自分の気持ちを持続させるのは難しい
(夢でも希望でも、好きな事を続けるというだけでも)
どんなに仲間がいても、自分との闘いだからね。
辛くもなるし疲れもする。自暴自棄なんて日常茶飯事。

だから、いとこ君みたいに
自分の居場所なんてみつけられるわけない。
夢ってさめるためにある…なんて言っちゃうんだよね。

大人なんだから変わらなきゃいけない…って理由つけて

ま、確かにおぜぜにならないものは生活圧迫するしね
今回のお話はディープだなあ。

一度は撤退したドグちゃんたちだけど
誠をかばってカニ光線を浴びたドグちゃんは
神様だから洗脳されなかったのかな…と
…え?そういう設定あったっけ?

まあ、それはともかく
「マルクス ビーーーーム!!!」
それでも効かない子の為に
やさしいマルクスビーーーム!!」(笑)

「マルクス先生
 小林多喜二先生
 ありがとう!」には吹きました。

いやーこの技は画期的だなあ
でかい文字がわらわらとんでいく様は爽快だ(笑)

就職しなきゃなあ…と悩む息子に父ちゃんが

「あせる必要なんかないんじゃないのか?
 だいたい10代で将来がきまるわけじゃなし
 20歳そこそこで未来が見えるわけでもないしな」

「就職したからって人生が安泰になるわけじゃないだろう。
 父さんだっていくつ仕事かえたことか」

そんな父の言葉に「自由だな」とつぶやく誠。
 
そのつぶやいた自由の意味も深い。
物語始まってすぐの主人公だとは思えないよ~
もう将来をおぼろげながら考えてるんだもん。

p>にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

◎古代少女ドグちゃん 第四話 『妖怪 無礼香』

「はい、思春期ーーーー!!」
って(笑)
イッちゃってるよ誠君。
窪田くん上手いなあ(笑)
まさに豹変だよね。

でもさ
乳首でいいの?
「チチもませろ」じゃないの?
少しずれてるところが相変わらずだ。

食堂の少女に恋する誠。
いつものように食堂に行くと、その子がいない
遅れてきた彼女は、一瞬豹変。
とまどう誠は、逃げ出した彼女を追い
話の流れで、アロマを手渡される。

実は、そのアロマ・・・無礼香が、
彼女を変えた原因だった!

恋の話としてはほぼ満足だったけど
んー
もとから断たないとダメだろ。
元締め(仮面のあいつ)は今後関わってくる
…んだろうけど、もうちょっと踏み込んでほしかったな。

無礼香はアイテムであって妖怪じゃないもん。

それじゃなかったら、
悩める思春期の話でも、彼女の話でも
もう一歩踏み込んで作り込んだ方が良かったかな。
なんか「世にも奇妙な物語」っぽくなってるよ。
微妙に行きっぱなし。

まあ、個人的には盛り上がったんですがね。

…しかし、誠君さぁ・・・
良くいろんなものを吹くよね・・・。

p>にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

◎古代少女ドグちゃん 第三話 『妖怪 放置自転車』

ええーーーー!!
藤村俊二さん?
うっわ、なんちゅう贅沢な…。

しかし、このての番組に出るのって
もしかしたら「西遊記」以来じゃないのか?(←古)
大好きだよー藤村さん。
特に髭(←笑・髭フェチなんです)

田口浩正さんも御出演。
ケータイ捜査官の時のお父さんだよ。
懐かしい。

今回の妖怪は“放置自転車”

親友に連れられてきた放置自転車置き場…
物色するドグちゃんを自分の家に連れもどって
お母さんの乗っていた自転車を使わせる。

自転車の乗り方を伝授するも
ボケ熱血チャリこぎ
そしてに◎っぱいつかんじゃうネタ
芸が細かいというか、抑えるべきところを
キチンと抑えてくれてて良い。
素晴らしい(笑)

抑える
といえば、

地獄の炎に飛び込んでいく習性のある放置自転車
放っておいても自滅するから退治しないというドグちゃん
確かに一理あるし、効率よいよね。
でも、取りつかれた人間は道連れ。それに誠は悩む。

そういう誠の心情もキチンと抑えていました。

誠…ぐんぐん成長してるよね。

最後には、
ゴミが捨てられなくなるという描写と
“人には捨てられないモノがある”
という誠の言葉。
この対比も面白かった。
放置自転車の事で生じた問題を上手くまとめてる

ただ楽しくて、滅茶苦茶で、突っ込みどころ満載の話で
バカみたいなんだけど、それもひっくるめて面白いというのは
物語の細部まで作り込まないと成り立たない
…というのが私の見解なんですが、
この話もその匂いがします。
「グレンラガン」の時と同じ感覚。

ライブで見れないのが残念だなー。
動画UPしてくれてる人感謝!!

そうそう、
最後にさ、「気が変わったらいつでも乗っていい」
って言う時のがいいねーーー。
窪田くんいいよー(何度でも言うぞ)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◎古代少女ドグちゃん 第二話『妖怪 ちちでか』

ちちでかって(笑)
直球だなあ~。

乳輪&巨乳攻撃…そして針…
でかくなりすぎたチチが爆発!!
何このチープなセンス。
大好きだよ。もっとやれ(笑)

そういえば、
何話かはこのまま引きこもり状態になるかと思いきや
ドグちゃんとずっといるのが息苦しくて
学校にゆくことに…そんなものなのか?

なにもかもが真新しいドグちゃんはついて行く!と
勿論却下。が父親が、亡き妻のセーラー服を持ち出し
結局ドグちゃん登校。
…物もちいいね。とうちゃん。

いや、それよか、そのセーラー服、ヨーヨーを使ってた時の物では(←違)

そういえば、誠君の親友門間君ってどこかで見たこと
あるような…
引きこもりなのに意外に持てる誠君(笑)

戦いも結構見せてくれてて良い良い。
しかしあの、最終兵器…はなからあれをかましてれば
良いんじゃないの?という疑問はきっとご法度だ。
それともなにか、制約あるのかな?
気持ちが高ぶらないと発動しないとか…
「金色のガッシュ」の心の力(だっけ?)と同じで。

しかし、父ちゃん…
あんなトンデモ土偶と女の子が現れたのに
さくっと受け入れてるところが素晴らしい。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ゲストすっごく贅沢じゃない?ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◎古代少女ドグちゃん 第一話『妖怪 鯉びと』

窪田正孝君が出ているという事で、
動画を探して一話一話見る事にしました。

タイトルからしてトンデモ話だと思ったけど
いい意味で期待を裏切らない番組でした(笑)

いやー
何この分かり易い(&オヤジギャグ的な)タイトル
ツボだ(笑)

□話としては
 母が亡くなってから父と二人で暮らす、
 ひきこもりの少年・杉原誠。ある日
 考古学者の父に強引に発掘現場へと
 連れ出される。
 そこで“発掘”をはじめたふたり。。。
 謙三(父)は発掘した土偶発見に大喜び!
 一方誠は、土の中から“女の子”を
 掘り出してしまう!?

 “ドグちゃん”は、一万年の眠りから覚め
 誠を『しもべ』と呼び、強引に妖怪退治を手伝わせる。 

 公式HP
 
http://www.mbs.jp/doguchan/
 http://doguchan.jp/

もう何もかも分かりやすすぎ!!
おいおいおいーーーーと言いつつも
楽しいから許す!
こういう番組ってなかなかない。

今後、誠君の成長物語と
ドグちゃんの活躍と
どっちを重点的にするかで
ちょっと方向性が変わるかな~
すでに、10話位放送されているので
感想が追いつくかどうかだな~
年内には追い付きたいものです。

いやー
窪田君いいよ~

敵に捕まって、一緒に攻撃を受けて、泥水を吐くとかそういう苦しい演技って(いや、演技じゃないかもだけど)ホント得意だよねー。いつものハアハア演技も健在だ(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
敵の着ぐりみの安っぽさ最高!!ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

展示とワークショップ

◆未だ風邪続行中 
 よくはなってます。ダルさは解消。

 …でも、朝夕の寒い時期
 ゴホゴホ…ゴッホゴホ…ゴホ・ガハ・ゲヘェ~
 ってな咳が出て、マジ死にそうです。

 今週は子供の用事多いんだよね~
 周りの方にご迷惑かけないようにしないと。


◆先週の金曜日に、kaoさんの個展に伺いました。
 会場の広さは過去最高じゃないでしょうか。
 さすがショールームだけあって、雰囲気いいし
 パーテーションも自由自在っぽい。
 地下の会場は、個人的にはツボです。

 気持ち暗めの照明も良かったです。良い会場だと思う。
 (1Fの受付のお姉さん方も、ショールームも良い感じ
  ハリネズミのファブリック可愛かった。)

 いつもよりも低めの展示だったので、360度+上空からも
 作品が見れて、何度も見てる作品も、とても新鮮。
 照明が変わると作品の雰囲気も全然違います。
 私の好みは、高円寺の時の照明なんですが、今回のも割と好き
 一つ一つ見ていると…
 なんというのか・・・・ドキドキしましたよー恋?(←嘘)

 やっぱりちょっとSFっぽくなってきたなあ…と思いました。
 その中でも、やはりフラン君かなあ(←勝手に作品に名前を付ける)
 『人類狩り(現在のタイトルは〝ビーストチャイルド〟)』の
 表紙に絶対欲しい!!
 
 kaoさんともお話しできて良かったです。
 去り際に、ファスナーがとめられず、kaoさんにつけて貰いました
 基本、私は不器用なんですよ。
 版画は何年もしてるから慣れてるだけで…orz


◆土曜日は、コルトンプラザに行ってきました
 セロテープアートの瀬畑亮さんの展示&ワークショップへ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『瀬畑亮 セロテープアート展』
  会期 12/1(火)~1/7(木)
  場所 ウエストコート・キューブギャラリー

     http://www.nikke-cp.gr.jp/event/cube/11mukouyama.html
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1:30と3:30の両方参加しました(子供と)
 26日にもワークショップがあります(無料)

 一回目(卵に羽)は結構力を込めてセロテープを巻いていたのですが
 二回目(馬)はもうはじめる前からいっぱいいっぱいで、
 ゆるく成型。
 全てセロテープで成型するので、締める時に結構力がいるんですね
 尋常じゃないっす。
 大変だわーセロテープアート…

 瀬畑さん、セロテープの成型の影響で万年腱鞘炎で、
 手術しないとヤバいそう…心配だ

 子供も私も結構楽しみました↓作品いっぱい作ったよ。
Dscn0437_20091212_200638_6

Dscn0440_20091212_200758_3

にほんブログ村 美術ブログへ
瀬畑さんもkaoさんもイケメンです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

日本の芸術の危機です。

知っている方のブログで知りました。
日本の芸術の危機です。
阻止する為に出来る事…
署名運動にご協力ください。
長文ですが、最後までお付き合いください。

期限は 12/15です

【文化予算関連のお願い】

事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ
切られました。
特に、子供たちを対象とする
『本物の舞台芸術体験事業』が廃止、
日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額
とされたことには強い危機感を持っております。

この事業は演劇のみならず、音楽、伝統芸能等の
公演を、学校に出向いてワークショップを行い、
生徒の参加を含めて体験させるという、大変
意義深いものです。
また、今回の問題はプロの団体だけではなく、
文化振興基金などアマチュアの団体への助成にも
大きく関係しています。

子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を
幅広く育てよう 日本の文化活動を底支えしよう、
という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ
今回の非常識な結論にたいして、ぜひ事業廃止に反対する
意見のメールを下記の要領で送っていただきたく
お願い申し上げます。

【署名要領】

文部科学省宛てにメールを2通出してください。

■ 1通目
* 件名:
 事業番号「4」事業名
 「文化関係1-独立行政法人日本芸術文化振興会」
* 内容:
 『芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。』
 という一文を入れて構成してください。
 この一文だけでも構いません。
* 署名扱いとなるので住所、氏名を入れて下さい。

■ 2通目
* 件名:
 事業番号「5」
 事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」
* 内容:
 『本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。』
 という一文を入れて構成してください。
 この一文だけでも構いません。
* 署名扱いとなるので住所、氏名を入れて下さい。

★ 二通とも宛て先は→  nak-got@mext.go.jp  
 担当官:中川正春文部科学副大臣 
 後藤斎文部科学大臣政務官

《注意点》
・様式は自由ですが、必ず「件名(タイトル)」に
 事業番号、事業名を記入して下さい。
・期限は12月15日までです

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●仮面ライダーW 第14話 『レディオでQ/生中継大パニック』

シンケンジャーもそうだったけど
今回の戦いはおまけですね。完全に。

犯人はどっちかだと思ってたけど
両方か~って何だかサスペンスドラマみたい。

今回も、〝あの人は今〟をやってくれて
嬉しかったな。

園咲家との関わりの糸口ですが、
結構直球で責めてきましたね。
2人にスポットライト当たった時には
ええ~世界変わってませんかーなノリに。
弟萌えですか(笑)

萌え要素が入ってきたために
もっとドタバタあると思っていたので
ちょっと物足りない気もします。


まあ、いい感じです。
翔太郎のスリッパも良かったな(笑)

今回の婿殿は、抑えはばっちりでした。
主人公が絡まないと出来る人なんだよねー(笑)

★〝電王〟〝キバ〟は
http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★ディケイド・INDEX 1話~10話
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/index-01e1.html
★ディケイド・INDEX 11話~20話
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-b22e.html

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (24)

★侍戦隊シンケンジャー 第四十二幕 『二百年野望』

天晴!
えげつない悪役として申し分無し!

そうなんだよねー
登場時の時と比べたら〝何やってんの?〟
だったんだけど、でかい事をする為の布石だったか。

“私の望みは、たったひとつ
 外道に生まれた以上、決していけないあの世、
 地獄を知る事。

イッっちゃってますね。

“この裏正、あんたさんの家族で作りました〟
まさに、外道!!アクマロ!
そっか、十臓は、自分の渇きを求めるのに
自分の家族を使ってたって事か…
太夫の三味線といい、すさまじいね。

個人的には、十臓は、殿と十二分に戦ったのち
華々しく散っていただきたい。
間違っても改心とか、成仏とかは無しだ
勿論、7人目などありえん。設定的にもね。

しかしアクマロ…
奴もかなりの渇き。
二千年の計か…イッちゃうわけだ。
多分、アクマロは、彼ら2人だけに
そういう施しをしたとは思えない。
何千と実験を重ねて、2人が残ったんだろう。

巨大戦は、
ま、クリスマス前って事で、色々と
手を変え品を変え、大盤振る舞い。

最終所突入の回としては申し分なかったです。
ドウコクがどう動くかが見ものかな。

源ちゃんを十臓も色々と因縁がある十臓を一瞬でも止められるのは源ちゃんかも知れない。

★シンケンジャー6幕まで及びゴーオンジャーは下記
 http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★シンケンジャー・INDEX 一幕~十幕
 http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-ba22.html
★シンケンジャー・INDEX 十一幕~二十幕
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-58e5.html

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2009年12月10日 (木)

近況&昼ドラ

◆タチカワのショールームに、開店直後に伺います。
 明日は、銀座を出ることなく、13時位まで滞在予定。
 (子供も早帰りで、2時半には家にいないとなので)

 Kaoさんの個展が目的なのですが、
 ちょっとブラインドも見てみようかな~
 インテリア関係も結構好き。


◆風邪
 なんというか、長引いています。
 熱がひいたと思って、先週の土曜日に動いたのがいけなかったな
 夕方あたり、ヘロヘロでした。
 知ってる人を判別できなかったり、家族構成間違えたり…
 失礼だったな~ホント申し訳ない。 
 自分ではしっかりしてるつもりだったんですけどねー 

 3・4年前は、病み上がりで自転車こいで遠くに行ったり
 都内に出かけて遊びまくっても大丈夫だったのに、
 基礎体力衰えてます。

 そんな感じで
 全快というわけじゃなさそうなので、新宿にも行きたいんだけど
 やめとこうと思います。世界堂は来年かな。


最近、昼ドラ見てます 
 「Xmasの奇跡」お昼は出てることが多いの録画ですが
 「携帯捜査官7」の主役、窪田正孝くんがでています。

 結構難しい役どころを好演しています
 (「7」の時もホントに新人かよ!な演技だったしな)
 ま
 低い声でしゃべる時にたまにカツゼツ悪くなったり
 時折いっぱいいっぱいな感じだったりしますが
 ハアハア演技(←息せき切ったり、苦しい気の中台詞言ったり…の演技…何て言えばいいのか分かんなくてこんな表現に…)は「7」での折り紙つき

 んでも
 演技力は元々素晴らしいけど、また着実に上がってる
 ちゃんと、20歳の建君に、35歳のこーじさんの魂が
 入ってる感じするよ。
 「一緒に暮らそう」とか「一緒に生きていこう」
 って言う時、良い顔するんだよねー


 ただまあ、こーじさんはアレでかなり子供っぽい処
 あると思うんだけど、〝子供っぽい大人〟な演技は
 まだこれからかなー。

 でも、当初エロさが無かったキスシーンは、あっちゅうまに上手くなってるし、驚愕ものでしたわ…

ってかそういう事まで急激に上手くなんなくていいよ(笑)

 とにかく、今回の彼は
 抑える演技の習得とお茶の間に顔を売ることが使命だ
 世のおかあたま方に顔を覚えてもらうのだ!!
 したらば、「7」の続編も夢ではないかもしれない。

 「7」の時から分かってたけど
 結構良い体してんだよねー正孝君。
 手も大きくて、いやでもそこに目がいくように作ってある。
 
 物語は、設定に無理があったり、キャラの作り込みや行動に
 疑問があったりしますし、結末は見えてるけど、
 正孝君を見守る為に、毎日楽しみに見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

●仮面ライダーW 第13話  『レディオでQ/狙われたプリンセス』

翔太郎もフィリップ君も
「若菜姫」とデレデレ状態(笑)
2人で仲良く振り付きで歌う様が
はまりすぎて笑う。

まあ、その後、姫じゃなく女王様的な態度に
翔太郎はショックを受けるんだけどね。

若菜の紹介話を、コミカルに描いてて
とても面白かった。
以前に関わった饅頭屋も何気に取材と称して出すとか
なかなか良かったと思います
こんな風に何気に〝彼らの今〟を見せてくれると
嬉しいもんです。

さてその、若菜姫
フィリップの推理を買って、探偵事務所に乗り込んでくる
…というこっちもびっくりな展開に…
しかし、フィリップ君、あこがれの君がやってきたのに
隠れてしまいます。もったいない。
恥ずかしいのか?テレやなの?

しかし
扉をはさんで手が触れた時に、何かがフラッシュバック
なんとなくそうかな
とおもっていた、フィリップ君の記憶喪失の原因が
園崎家にあるというのを、小出しにしてきましたね。
今後の展開が楽しみです。

さて
今回の婿殿は、クレイドーパントがやられてるところを
嬉しそうに見てた(ように見える)けど
あとでお仕置きされなきゃいいけど…(笑)

★〝電王〟〝キバ〟は
http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★ディケイド・INDEX 1話~10話
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/index-01e1.html
★ディケイド・INDEX 11話~20話
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-b22e.html

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
犯人はやはり奴なのか…なんか分かりやすすぎなので、まさかの犯人希望!ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (9)

★侍戦隊シンケンジャー 第四十一幕 「贈言葉」

姉上の代わりだと思うな。
一言も自分の代わりだと思ってはおらぬぞ。
どの言葉もお前自身のことを思っての事だ
誰の代わりでもない

後ろで殿が聞いていた事
きっと爺は解ってた。
殿にも響いたに違いない言葉

ことはの言葉も、殿の心を動かした様子。

ただ
「中途半端な覚悟」が何を指しているのか…

〝今は封印の文字を使えないが
 強くなってドウコクを葬り去る覚悟〟

だけではない謎が隠されてる気もするんだけど
考えすぎかなーと言う気も少ししてきた。

ともかく、きっちりと活躍した
スーパーシンケンイエロー。

ことは1人で戦うというのが良かったな。
モウギュウバズーカーが最も有効に使用されてた。
壁という文字を出したり
サルだけ分離して個別攻撃したりねー。

…っていうか、
それができるんだったら、もっと早くやれ…
という気もする。全合体に良くあるけど
結構乗ってるだけとかくっついてるだけの奴
多いんだよねー(笑)

「腹こわしてた」
と、ふっ切った感じの殿ですが…
姐さんのセンサーは未だ作動中の様子。

…しかし
源ちゃんさあ
奢りすぎでないかい?
店持つ前に破産するぞ。

★シンケンジャー6幕まで及びゴーオンジャーは下記
 http://paperscreen.cocolog-nifty.com/blog/
★シンケンジャー・INDEX 一幕~十幕
 http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-ba22.html
★シンケンジャー・INDEX 十一幕~二十幕
http://paperscreenprint.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-58e5.html

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
ぽち応援是非!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年12月 4日 (金)

■展示情報■企業スペース 2009・11~12■

■セロテープアートはワークショップが

 糸あやつりの万華鏡は、トーク&デモンストレーション 
 「結城座 見参!人形遣いの技と舞台の魅力」があります。
 2010年1月26日(火) 18:30~20:00

 平日の夜は行けない…orz

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆瀬畑亮 セロテープアート展
 会期 12/1(火)~1/7(木)
 場所 ウエストコート・キューブギャラリー
    http://www.nikke-cp.gr.jp/event/cube/11mukouyama.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「人形作家kaoの幻想展
 会期 12/2(水)~12/11(金)
 場所 ギャラリースペース Atte
    http://www.news.blind.co.jp/news/index.php?itemid=129&ref=rss20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆糸あやつりの万華鏡 -結城座 375年の人形芝居-
 会期 12/3(木)~2/20(土) 
    休館日:日祝日、12/26-1/4
 会場 INAXギャラリー
    http://www.inax.co.jp/gallery/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆多摩美術大学校友会 小品展2009
 会期 12/6(日)~12/12(土)
 場所 文房堂ギャラリー
    http://www.bumpodo.co.jp/gallery/gallery_index.html 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Artistic Chiristmas Vol.3
 会期 12/9(水)~12/24(木)
 会場 新宿高島屋10階 美術画廊
    http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
◆世界にひとつしかない贈り物 小さい小さい絵展
 会期 12/17(木)~12/31(木)
 会場 池袋東武百貨店 絵画サロン
    http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 美術ブログへ
らんきんぐ参加中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■展示情報■ギャラリー 2009・11~1■

■怒涛の学校行事&インフルを乗り越えたら、ほっとしたのか
 風邪引きました。
(インフルかもしれなかったけど、きつくて1人で病院行けなかったし…TT)
 熱も出たよー。今は鼻水とせきたんが…TTまだしばらく静養予定。

 DM…色々といただいています。
 絶対行きたい!!と思うものばかりで悶え苦しむ日々です。
 取りあえず、11日に都内予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆アリス百花幻想展
 会期 11/24(火)~12/5(土)
     11:00~19:00
 会場 スパンアートギャラリー(銀座)
    http://www.span-art.co.jp/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「サンタクロースがやってくる!」 
 会期 11/29(日)~12/12(土)
 会場 ギャラリーコピス
    http://www.g-kopis.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆第四回リアリズムの世界
 会期 12/4(金)~12/12(土)
 場所 飯田美術
    http://www.iida-b.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆カード&ドレスフレーム展
 会期 12/6(日)~12/20(日)
 場所 アーティストガーデン(池袋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆森馨 人形展 「Maiden baroque」
 会期 12/14(月)~12/26(土)
 会場 ヴァニラ画廊
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆UMA 個展 「記憶する手」 
 会期 12/15(火)~ 12/20(日)
 会場 gallery DAZZLE
    http://gallery-dazzle.com/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆まいけるからわた「千石先生のお蔵出し」展
 会期 1/7(木)~1/17(日) *1/12~13休廊
 会場 ギャラリー猫町
    http://www.necomachi.com/gallery/g_nekomachi.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆『Alchemy 5人の銅版画家展』
 会期 1/9(土)~1/17(日)  
    13:00~20:00(最終日は18:00まで)   
 会場 アートギャラリー絵の具箱(吉祥寺)
    http://www.enogubako.in/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 美術ブログへ
らんきんぐ参加中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

秘境駅

◆工場萌えだったり、廃墟萌えだったりするかちですが…

 ちょっと前から「秘境駅に行こう!」というサイトを覗いています
 http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/

 中々ヲタクの心をくすぐるラインナップ

 特に、黒部渓谷の乗降出来ない秘境駅レポートとか、読み応え有ります。

◆写真集も、カレンダーも出ていたんですよね~(買わないけど・笑)

◆福岡もさ…和白から先は、結構な秘境だと思うけど…
 まだまだなんだな(笑)
 …一応マリンワールドあるからな~(その先には海浜公園もある)

 あ、ちなみに、行く人いないかもだけど
 西戸崎からは、福岡市営渡船・西戸崎旅客待合所から
 「きんいん号」を利用してベイサイドプレイス博多埠頭まで
 出ることが出来るんだよー。
 http://www.yado.co.jp/ship/kinin1/kinin1.htm

 かっくいいネーミングでしょ?「きんいん号」(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »