« ●仮面ライダーW 第20話 「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」 | トップページ | ★侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」 »

2010年2月 5日 (金)

つらつらと雑記

◆炊飯器の保温60分で
 べりぐーな温泉卵ができる!!
 ご飯の横にラップに包んだ生卵を入れるだけ(埋もれさせるべし)

 すっごくクリーミー
 すんごいうまい!!

◆炊飯器でケーキも作れるらしい。


◆トライフル見てきた…
 
 言葉遊びも、コミカルな構成も、程良く配置されてたし
 王道なお話だったと思う。
 …楽しかったけど、個人的には微妙だなー。

 チョコレートケーキを擬人化したんだから
 あのナイフも擬人化すれば良かったのに…
 …とか
 確たる天才の要素が分からないまま終わってしまった
 …とか
 ドタバタの分置き去りになってる物があったとか
 …色々…。

 荻野さん(仮面ライダー王蛇)とつぶやきさんが
 舞台を引っ張っていた。
 
 主役の人(ゴーオンレッド)がテンションの高さを
 終始同じ調子でキープしててちょっと飽きた。
 でも、ゴーオンジャーしてた時よりは良かった。

 お目当ての窪田君は(携帯捜査官7のケイタ)
 初舞台ながら頑張っていた。個人的には大満足。
 声も大きく通ってたし、かなり軽やかに動いてたし
 あんなにアドリブがきかなさそうな性格なのに
 しっかり雰囲気作ってたし…上出来なんじゃないかと…。

 けど、少し残念な部分もあり
 これからの期待も込めて、もっと舞台に出てほしい…と思った。

 でもまあ、トークショーも見れたからよかった。
 窪田君はここで数々の伝説を作っていた(笑)
 ってか、皆さんコント状態で(特に男性陣が皆変だった)、
 なので、トークショーの方が舞台よりも(略)
 詳しい舞台の感想は、DVDが出てからだなー
 ネタばれはこれ以上やめときます。

◆舞台を見に行ったから、なんだかその昔見た舞台を思い出し
 色々と検索したら、見に行った(というか見せてもらった)舞台の
 役者さんが、まだその劇団で現役なのを知った。
 本拠地は吉祥寺…。

 びっくりというか嬉しいというか…
 だって、3…いや20年ちょっと前のことだもん。

 当時中学生だったのですが
 「エリザベスサンダースホーム物語」というのを観劇。
 主役の沢田美喜さんを演じておられた方が
 小学校の担任の先生に雰囲気が似てて、皆で懐かしがってたのを思い出す。

 その頃の事を思い出したり、この間の「トライフル」の会場の雰囲気とか
 未だに残っていて、子供とも一緒に行ったから、なおさら感慨深い。
 自分でお金を出して見に行った舞台が「漂泊者のアリア」
 ジュリー~~~~!!ううう…懐かしい。

 舞台…いいねー
 また行きたいよー。

|

« ●仮面ライダーW 第20話 「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」 | トップページ | ★侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/47481769

この記事へのトラックバック一覧です: つらつらと雑記:

« ●仮面ライダーW 第20話 「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」 | トップページ | ★侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」 »