« ■仮面ライダーオーズ OOO 第6話 | トップページ | 舞台「薄桜鬼 新撰組炎舞録」感想 »

2010年10月10日 (日)

★天装戦隊ゴセイジャー epic34

★ epic34 「ゴセイナイト・ジャスティス」

 
 アラタの言葉を要約すると〝地球に害をなすのも人類だが、
 それを守ることができるのも人類。何故なら人類には、
 今日と明日を繋ぐことができるから。〟なんだけど…

 …答えになっとらん。
 全然納得できないんですけど…。

 地球が美しいという概念は人間だけのもので
 害をなすとか、救うとかいうのも
 人類の勝手な見解だ。
 地球には全然関係ない。

 どんなに地球が汚れたとしても、膨大な時をかけて
 浄化してゆくだけのことなんだよね。
 人類がいなくなった後でゆっくりね。
 人類誕生なんて、地球創世のころから見れば
 ほんの数秒にしか過ぎないんだから。

 今日と明日を紡ぐことができるから
 …何?その先が大事じゃないの?

 ゴセイナイトも、何を納得したのかなー
 どうみても、ゴセイナイトの方が広く世界を見てるし
 敵さんの言う事は痛い処をついている

 たとえ、真実の一部を敵に指摘されたとしても

 それでもなお、護りたいのだと言う理由の一端を

 書いてもいないし、見せても無い。

 言葉で言うだけじゃ無理だよ。

 今回はその言葉も〝何言ってるの?〟レベルだし。

 まあ、これで、ゴセイナイトが正式な仲間になった
 …ということで
  
 …で、リーダー決めですか
 …もう30話も半ばなんですが。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
「私はリーダーではない、ヘッダーだ!」(笑)

|

« ■仮面ライダーオーズ OOO 第6話 | トップページ | 舞台「薄桜鬼 新撰組炎舞録」感想 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/49701852

この記事へのトラックバック一覧です: ★天装戦隊ゴセイジャー epic34 :

» ゴセイジャーepic34感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(左利き)]
天装戦隊ゴセイジャーepic34「ゴセイナイト・ジャスティス」一度倒したはずのザンKTがロボゴーグに改造されザンKT2として復活。メタルAがザンKT2の動向を監視すると言った時にロ... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 19時13分

» 『天装戦隊ゴセイジャー』epic34、「ゴセイナイト・ジャスティス」の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
『天装戦隊ゴセイジャー』epic34、「ゴセイナイト・ジャスティス」の感想です。データスはゴセイナイトに“さん”付け(笑)。 人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 19時39分

» 天装戦隊ゴセイジャー epic34「ゴセイナイト・ジャスティス」 [不惑にして特撮に惑う]
己の使命に忠実だが、それ故に今までどこか天使達と一線を引いていたゴセイナイト。新たな敵との戦いの中、ゴセイナイトとの完全な協力体制が出来る、ある種の和解エピ。 文明の生き残りロボットが作り出した機械帝国、マトリンティス。彼等の目的は愚かな人間を僕にする..... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 22時37分

» 今日のゴセイジャー epic34 [地下室で手記]
「ゴセイナイト・ジャスティス」あくまでも地球の汚染から守るために戦っていたゴセイナイトが、地球そのものの敵ではなく人類をターゲットにしているマトリンティス帝国との戦いに... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 00時23分

» 仮面ライダーOOO第6話(10.10) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』は、 『忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー後編』。 ジャカンジャーに力を奪われたガオレンジャーだったが、 玉山鉄二なガオシルバーの活躍で力を取り戻し、 ハリケンジャーと共に、ジャカンジャーを撃退したという話 郷里大輔声のチュウズーボが復活した・・・と思ったら、一瞬で倒されて、ショボーン そうそう、『ハリケンジャー』、番組終了後に宇宙忍者ファイルのコーナーがありましたね。 『天装戦隊ゴセイジャー』は、 「じゃあ、聞くけど、ここまで地球を汚したのは誰? 愚かな人間... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 01時14分

« ■仮面ライダーオーズ OOO 第6話 | トップページ | 舞台「薄桜鬼 新撰組炎舞録」感想 »