« ■ペーパースクリーン版画■ だるま | トップページ | ■仮面ライダーオーズ/OOO 第24話 »

2011年2月25日 (金)

■恋する日本語 第6話『恋の病』

■恋する日本語 第6話『恋の病』

今回は、恋の病にかかっているお母さんの話
…そんな、何となくフワフワした感じの
やわらかい雰囲気の、楽しい良い回でした。

お母さんもマダムも、アキラ君も皆優しい。

青夏・深冬という名前も素敵だな。

…それにしても

3G(ジェントル・ギャップ・強引)
…って初めて聞きましたよ。(笑)

今回のアキラ君の声はかっこよかった。
ハガキを片手で持ち直す右手が素敵ー(^^)

で、マダム達が
「涙もろくなったり」「なるなる」
「お洋服買ったり」「かうかう」
「部屋の模様替えしたり」「するする」

…のあとに、微かに微笑んで
「大丈夫、きっとまたそういう瞬間が訪れますよ」
と言う時のあのポーズ…どこかで観たような…
…セーラームーン…?(←余り見てないのでオボロゲ)

深冬ちゃんと戯れている所が微笑ましかったです。

さて
今回の言葉は

◆阿伽陀(あかだ)
 あらゆる病気を治す薬
 ≫気にかけてくれるその気持ちが〝阿伽陀〟だよね。
  …この阿伽陀…薬師如来の左手の壺の中身であるとか
  お菓子の名前になったり、お酒の別称であったりします。
  恋に関する言葉に
  ・恋の端
  ・恋奴
  ・恋明す
  ・恋の煙
  ・恋の蛍
  ・恋の峠 …を紹介。

◆めろめろ
 ≫しまりがなく、すっかりダメになる様
  これは地方によって意味が違い
  ・長野の諏訪では 日暮れの様
  ・長崎では めそめそすること
  ・宮崎では ぽろぽろとはげること
  ・新潟では ものもらい
  ・山形では みずずまし  …だそうです。
  
◆恋風(こいかぜ)
 ≫せつない恋心を、風が身に染みわたるのにたとえて言う
  風…のつく言葉に〝臆病風〟〝秋風(飽き風)〟があり
  秋風を使われている和歌(古今和歌集)を紹介。
   
  秋風は  身をわけてしも  吹かなくに
          人の心の  空になるらむ ……紀友則

  紀友則って、あれ〝~花の散るらん〟の和歌の人だよね!!(←上の句から書かんかい)

◆遠近(おちこち)
 ≫未来と現在
  …近すぎて見えないものがある
  …遠く離れているからこそ、見えるものがある
   
  …チャゲアスを思い出しましたよ。
  〝近づく~ほど み~えない♪〟

マダムがお母さんに〝頑張って〟ってジェスチャーする所
すきだったなー。去った後ももう一回してた。

…後もう 2回でおしまいなんですねー
寂しいなー。

◆恋する日本語公式HP
 http://www.nhk.or.jp/koisuru/

にほんブログ村 テレビブログへ
全話一挙再放送してほしい

|

« ■ペーパースクリーン版画■ だるま | トップページ | ■仮面ライダーオーズ/OOO 第24話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/50965686

この記事へのトラックバック一覧です: ■恋する日本語 第6話『恋の病』:

» 恋する日本語 第六話 恋の病 [レベル999のマニアな講義]
『恋の病』内容青夏(紺野まひる)という女性が、娘・深冬(松本春姫)とともに“ことのは”を訪れる。恋に悩んでいるらしい。するとマダム(余貴美子)は、“恋は四百四病の外”と... [続きを読む]

受信: 2011年2月25日 (金) 17時42分

« ■ペーパースクリーン版画■ だるま | トップページ | ■仮面ライダーオーズ/OOO 第24話 »