« ■ 展示会情報 ■ 2011 6~8月 ■ | トップページ | ◆三ツ矢サイダー ALLZERO »

2011年6月24日 (金)

■NHKドラマ10『下流の宴』 第4回

■第4話 「カリスマの逆襲」

スイッチ入っちゃいましたね
玉緒と島田さんに。

スイッチを入れたのはどちらとも由美子。

翔くんは、周りがどんどん変わっていく中
何も選ばずにぬくぬくしているばかりだなあ
…とおもっていたのですが
由美子さんも似たようなもんだなーと。

むしろよりもかもしれない。
今の〝上流の〟生活(彼女にとっては=プライド)
を維持するのに必死で自分は変わってないんですよね。

対して、玉緒とその母は、しっかりしてる。
〝珠緒が惚れた男の母親だろ
 嫌な奴でもいくらでも頭を下げる(←うろ覚え)〟
とか、ほんと大人の対応だよね。

しかし由美子ときたら
再び、わざわざやってきた珠緒母に、
あんなに厭味ったらしく邪険にする
もうホントに心の余裕ないよねー。
笑っちゃうくらい。

玉緒は、大事なものをちゃんと分かってるし
キチンとみてる

間、自分が嫌いになったら終わりだと思う」 
とか基本は自分自身。翔ちゃんに対しても
さんの応えられない自分が嫌なんじゃん」
…チクリ。
ちゃん…自分が嫌になってるんだ…寂しいよね。

玉緒は人を見る目がある
やる気もある。
今後の展開が楽しみです。

珠緒が勉強をやる気になっている姿を
なんだか、てられた子犬みたいな表情で
茫然としている所…こっちも寂しい気持ちになっちゃったよ。

おいていかれそうで不安だったのかな。

翔ちゃんはさー今は自分が嫌いになってて
自分が居心地いいところを漂っていて
人に指図されるとやる気を失うけど
基本はいい子なんだよね。

お願いされると断れなかったり
嫌々だけど、キチンと人に会いに行ったり

島田さんに玉緒の事をお願いしたり…
しかしこれは…島田さんの言うとおり
翔ちゃんが医大に行くのが筋というか
…男としてのけじめなのではと思うが
でもまあ、今までの翔君を見てて
少しはなにか彼の中で動いたものがあったのかな
…って思ったりしますが…どうなのかな…

最後の最後でも、翔君だけが変わらすに
居心地のいいところに居続けるのか
…とおもっていましたが

周りが変わる中、全然変わらない由美子
…という展開も面白いかな
と思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ 由美子さんの一族きょーれつだなー色々と

|

« ■ 展示会情報 ■ 2011 6~8月 ■ | トップページ | ◆三ツ矢サイダー ALLZERO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/52030679

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHKドラマ10『下流の宴』 第4回:

» グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら第10話 & 下流の宴第4話(6.21) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら第10話 「俺の願いは一つだけです。 俺のいない世界でもあいつには強く生きていってほしい・・・」 死期が迫っていることから身辺整理をした澤本大地@反町隆史が 羽雲@加部亜門に別れを告げたという話 わっくんが自分の死を知ったら、ショックを受けると考え、 華織@井川遥に託し、遠くへ行ったことにする大地だったが、 『わっくんが本当のことを知ったら、きっと後悔する』 紺野七海@榮倉奈々の説得で、わっくんと会うことを決意、 しかし、かける言葉は 「父さんなんて最初から... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 01時56分

« ■ 展示会情報 ■ 2011 6~8月 ■ | トップページ | ◆三ツ矢サイダー ALLZERO »