« キョウカノコ | トップページ | 凸ちゃん ラフ »

2011年6月 8日 (水)

■NHKドラマ10『下流の宴』第2回

■第2回 『崖っぷちの母』

今回は、各人のキャラの掘り下げって感じですかね
色々と伏線がはられていました。

翔ちゃんの家にあいさつに行った後
マネキンに八つ当たりする珠緒。
そんな玉緒に

「一本筋が通ってないと
 愛も長持ちしないのよ。」

…店長…
さすがに苦労人。言う事が違います。

もう一人の苦労人、おばあちゃんも
自分の老人ホームに入る為に取っていたお金を
ポンと〝何かを見つける為に使いなさい〟
…カッコいい…。

…翔ちゃんは…自分が心地よいものにしか
興味無いんだねー…すこしでもそこを動きたくない
…って感じです。
周りが見えていないわけではなく
状況が分かってないわけでもない
…将来の事を聞かれるだけで嫌な気持ちになる…
…うーん…

完璧な拒否反応ですよね

翔ちゃんって、中学受験して、結構な偏差値の
私立の中高一貫校に行ったんだね。
…確かにあの勉強量はすさまじい。
…頑張って受かった末に、もっと頑張れ
しかも6年間…と言われると、そりゃあ
体の力抜けるよね。

珠緒の方は、既にもう変わろうとしていて
留まっていたい翔ちゃんと初めてケンカしてしまう。

そのケンカの時の「ねえぇ~もうさ~」って言う処とか
すっごく上手い。こう言ういい方するようちの子も(笑)

何か言われても、ちっと目を向けて結局何も言わない…
…翔ちゃんの行く先はどこなんだろう。
由美子さんでなくても心配になるよ。

玉緒が変わろうとしているのを何だか嫌がっている感じもして
で、1話で「俺にもプライドがある」という言葉とか考えて
何だかラストがうっすらと分かってきたというか…

翔ちゃんは変われるのだろうか

私は窪田正孝君を応援しているから、やっぱり彼の演技ばかり見てしまうんですが…ちっと人を見て言う事があるのに何も言わないとか、何かを語る時も、何だか気持ちが動いていなくって、本当に覇気がなく…あー上手いなーと思いました。演技とは関係ないけど、物をもつ手とか待ち合わせ場所に佇んでいるところとか…かなり萌えでしたわ。

来週も楽しみです。

にほんブログ村 テレビブログへ 由美子さん力抜いたほうがイイよ…うっ…心が痛い

|

« キョウカノコ | トップページ | 凸ちゃん ラフ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/51888760

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHKドラマ10『下流の宴』第2回:

» 下流の宴第2話(6.7) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
定職に就かない息子翔@窪田正孝の意識を変えようと、 母木下満津枝@野際陽子と連携を取る福原由美子@黒木瞳だったが、 翔の気持ちは変わることはなかったという話 このドラマの面白いところは、 由美子は翔の恋人宮城珠緒@美波を下流な人間と見下し、 息子との交際を認めようとしないが、 ほかの人間から見たら、翔と珠緒が似た者同士にしか見えないことだな。 由美子が似た者同士と思わないのは(思おうとしないのは)、 翔に人生をやり直せる可能性があると思いたいからだろうね。 夫健治@渡辺いっけいは会社からリストラされ... [続きを読む]

受信: 2011年6月11日 (土) 01時51分

« キョウカノコ | トップページ | 凸ちゃん ラフ »