« <SORA> | トップページ | ◆凸ちゃん 完成~ »

2011年7月21日 (木)

■NHKドラマ10『下流の宴』第8回

■第8回 『果てなき戦い』

えっ

え?

…確かに、翔君は
〝頑張っている人を見ると自分が責められている気がする〟
…のではないかと思っていたけど
(実は私もなんで気持ちは解る)

…別れを切り出すとは…
いや
それが悪いわけではなく、↓この物言いは無い

「そばにいるだけで、責められている気がするんだ
 凄いとは思うけど、そうなりたいと思ったことはない。
 珠緒はあっち側、俺はずっとこっち側。」

そして、いつかきっと自分を見下すようになる…と

翔君は、結果的に何も選ばないのではないか
…とも思っていたけれど…
…結果的に同じでも、もっとお話しの持って行き方が
あったんじゃないかとおもうんだけどね…

しかし、そうすると、かなりのハードのボイルドな
内容になるので(←個人的な妄想)
翔君にはアレが精一杯だったんだろう

途中で↑な事を言って、逃げずに、珠緒を見届けたんだし
別れた女の借金…300万は自分がおばあちゃんに返す
…と約束したし…

…↑ここだけ読むと、凄くカッコいい漢なんだけど(苦笑)

由美子も、何かが吹っ切れたらしく
「たぶん。そうさせたのは私です。
 でもこの子はこの子なりに頑張った。褒めてあげたい」
…と…
中々言えない言葉だと思う。
何だか胸が痛いと言うか…

母親としても考える事多かったドラマでした。

お父さんは最後の最後で良い味だしてましたよね。
翔君を鉄道バー(?)に連れて行って
「逃した魚は大きいぞ」って…

…なんだかまだもやもやしてて
上手く感想書けない

…後日追加するかもです

にほんブログ村 テレビブログへ ばあちゃんさすがにかっこよかったです

|

« <SORA> | トップページ | ◆凸ちゃん 完成~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537094/52265698

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHKドラマ10『下流の宴』第8回:

» 下流の宴最終話(7.19) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「珠緒はもうあっち側のメンバーなんだよ。俺はずっとこっち側だ・・・」 宮城珠緒@美波は医大に合格 珠緒が別世界の人間になったことを悟った翔@窪田正孝は別れを告げ、 夫健治@渡辺いっけいは給料が大幅ダウン・長女可奈@加藤夏希は実家に出戻り、 「福原家、これで全滅ってわけね・・・」 福原由美子@黒木瞳は福原家の落日を味わったと やはり、翔と珠緒は破局したか。それも、翔の方から言い出したのね 元々、翔は由美子の苦言に耳をそむけ、居心地のいい世界に逃避しちゃった人、 珠緒が医大に合格するや、またも逃げ出して... [続きを読む]

受信: 2011年7月23日 (土) 02時13分

« <SORA> | トップページ | ◆凸ちゃん 完成~ »