« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

「スペース」加納朋子 感想

◆「ななつのこ」
 「魔法飛行」
 そして「スペース」
 最終巻はまだ出てませんが
 4冊目で完結だそうです。

◆久しぶりに幸せな気分で本を閉じましたよ。
 読後感もすっごく暖か。

 …大絶賛の感想を書きたいのですが
 なのをどう書いてもネタばれになっちゃって
 〝バックスペースキー〟の嵐でしたよ(笑)

 兎に角
 素敵なお話し、必ず「ななつのこ」から読むべし!
 以上!!

 …ってなわけにもいかないので、登場人物について
 いいたいことを言ってしまおう。

◆駒子ちゃんは、とってもピュアで、人をうらやんで
 悶え苦しんだりするような性格ではないんだけど
 それでも、自分は何やってんだろうとか
 しっかりしなきゃ!とじわっとした不安が
 蓄積するタイプで、ちょっと心配。

 瀬尾さんに対しても、あんな人だから
 そりゃあ、不安になるよね…

 瀬尾さんってば、そんな駒子ちゃんの事
 分かっているはずなのに、なんで彼女に
 あんなに体当たりの告白させるかなーもー。

  まあ、〝彼女が大事すぎて下手に行動に移せない〟
 …ってことなんだろうか…
 …カート(「幻惑の摩天楼」篠原烏堂)見たいに…?
 自分で思っておきながら、それは違うなー。
 …いやー漫画のキャラに例えるのならば
 …なんか、男鹿先輩っぽいんだよねー…瀬尾さん見てると。
 
 あの頃の瀬尾さんにとって、駒子ちゃんの手紙は
 かけがえのないものだったんだろうなとおもう。
 だからこそ、大事なら大事って言ってやんなよー
 …と思うわけです。

◆書かれない物語
 了解事項としての省略
 バックスペースキーで無かったことにした物の中に潜むもの
 …それが
 やんわりと溶けて、あったかなほんわかとした気持ちに
 なりました。

 私の知らないところで、誰かが見守ってくれている
 そう思える事がとても素敵。

◆最後の話となる…と言われている、これから出るであろう
 4冊目…読者の為にも、あの2人の為にも
 早めに出してくれることを切に願います。

ぽちっと頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

九州野菜~やお九州~

◆ザルな検査体制が信じられず又暫定基準値の余りの高さに
 不安で、震災後すぐ始めた、九州からの野菜定期便

 …半年経ったら何とかなってるだろうからって
 年間契約はしなかったんですが

 …何とかなるどころか、
 瓦礫を汚染されてない地方にばらまくわ
 年間積算被曝量を緩和するわ
 もろもろと…
 酷くなる一方なんですよねー

 腹をくくって、隔週で野菜を宅配しなければ
 いけない時期に来たなと思います

◆以前、送っていただいたところと
 もう1社、2か所に決めて交互に配達してもらうつもりです。

 それぞれ入る野菜の種類もサービスも
 そこの農家の得意なものって違うしね

◆ってことで、頼んでみました
 「やお九州」
 キャンペーン中の、999円送料無料のをとりよせ

 まず、中にどんなものが入っているかの説明書
Dscn2045_20111013_144338_2

 中身は、中々立派なお野菜たち。
 キャベツが入っていたのは嬉しかったです。
 …このサツマイモのでかいこと!!これだけで
 500円位の代物じゃないだろうか
Dscn2047_20111013_144352

Dscn2050_20111013_145530  

 ↑ に + 一品 ミカンが入っていました
 物凄く美味しかったです。

 これで、999円…しかも送料無料…
 お買い得でした。
 キャンペーンはもう終わってしまいましたが
 おおぶりで美味しいので、続けて頼もうと思っています。

◆やおパックは、2480円 送料は別
 だいたい 10種類くらい入っているそうです
 お野菜の実のセットと、お米プラスのセットがあります。

 おすすめです
 http://yao800.co.jp/

ぽちっと頂ければ嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

■ 展示会情報 ■ 2011・11~12 ■

■続々とDMが届いています。
 取りあえず覚書…
 額の展示には是非行きたいなあ…と思ってるんですが
 …初めて行くとこなんですよねー。
 
 私は、ものすっごい方向音痴なんですよ
 しかも、自信を持って歩いていて、気付いた頃には
 2駅先にまでいっちゃってたとか…
 まあ、それも面白がっている節があるんですが…
 
 寒い日に迷うとダメージでかいんですよねー(TT)
 

◆「ほしのかけら集め」 ほしみステラ 初個展
 会期 10/30(日)~11/ 5(土) 
 会場 ギャラリーコピス
    http://www.g-kopis.com/index.html
 
◆音故♂組曲展2011(Ver.5.0) THE BEATLES FAIR
 会期 11/3(金)~11/8(火)
 会場 銀座一丁目ギャラリー
    http://www.ginza1.net/
   
◆ますむらひろし アタゴオル原画展「ATAGOAL×HOKUSAI2012」
 会期 11/ 3(木)〜11/13(日)
    *11/7〜9休廊
 場所 ギャラリー猫町
    http://www.necomachi.com/gallery/g_nekomachi.htm

◆戸田勝久 個展
 会期 11/ 7(月)~11/19(土)
 会場 スパンアートギャラリー
    http://www.span-art.co.jp/

◆素敵Mに食卓 ー ラベル展(チャリティー展)
 会期 11/8(火)~11/13(日)
 会場 ギャラリーMalle
    http://galeriemalle.jp/

◆大輪眞之展 -額の中の物語-
 会期 11/ 9(水)~11/19(土)
 場所 ギャラリーFUURO (ふうろ)
    http://gallery-fuuro.com/html/info.html

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ 楽しみな展示が目白押しです

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

こけし展 終了

◆昨日、こけし展最終日でした
 来てくださった方、気にかけてくださった方
 そして、参加者の皆さま 有難うございました

◆私の作品は、あんなに奇妙なのに、貰われてゆきました。
 買ってくださった方、本当に有難うございますTT
 Dscn2014_20111003_144224

 一番右の、アフロな馬こけしです。

◆昨日は、2時から搬出だったのですが、お客様と搬出に来た
 作家の皆様とで、凄い人口密度でした。

 色んなこけしがありました。
 原形をとどめてなかったり、この手があったか!!
 …と勉強になったり…とにかく触発されまくりですよ
 …ときめきまくりですよ。
Dscn2011_20111003_144138

Dscn2012_20111003_144156

Dscn2015_20111003_144256

Dscn2017_20111003_144324

Dscn2018_20111003_144334

Dscn2021_20111003_144924

◆いつまでたってもホントにまだまだだなあと思います。

 私が制作しているのはペーパースクリーン版画で
 こけしに絵付けするのは初めてだったのですが
 ホント…技量を問われますよね…専門外なら特に…
 …ってか、版画…気合を入れないといかんと思いましたよ
 土台がキチンとしてれば、その上にはどんなものでも
 立てられますからねー。がんばらんば。

◆搬出後は、近くのお店で、もちよりパーティーでした
 ここでも、凄い人口密度で…^^ヾ
 60人はいたんじゃないでしょうか?
 6時頃には、参加者の7割が出来あがっておりましたよ

 ギター・笛・馬頭琴・二胡・アコーディオン
 シャンソン・語りもありました
 …と盛りだくさん

 シャンソンを歌われたのは、G緬75に出演されていた
 藤田三保子さんでした。すっごく素敵だった!!

◆最後の方で、伝統こけしのオークションがあり
 魔よけに使われる木 えんじゅで作ったストラップを
 げっと致しました。

◆次はまた2年後です。
 今度は、3体キッチリと仕上げたいと思います
 (1人 3体の割り当て) 

ぽちっと頂ければ嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

「僕たちは世界を変える事が出来ない」

◆映画「僕たちは世界を変える事が出来ない」
 見てきました

◆応援している俳優さん、窪田正孝君が
 出演されているので観に行ったのですが、
 (あ、あと 殿も…シンケンジャー好きだった~)
 行って良かったです。主演の4人みな
 等身大の大学生を見事に演じていました。

か物足りない日々を過ごしていた主人公 甲太
 ふと手にしたパンフレットに触発され、
 カンボジアに小学校を立てる為に、
 「そらまめプロジェクト」を立ち上げ、150万
 を集めるために仲間と共に資金あつめに奔走します。

◆カンボジアに小学校を立てるのに
 カンボジアの事を知らないと思った4人は
 かの国を音訪れるのですが…

 そこで、当初は全く想像しなかったカンボジアの
 歴史・現状 

 それらを目の当たりにした彼らは、
 日本での満ち足りた生活のなかにあって
 「物足りない」と言っていた自分たちの矮小さを
 いやというほど感じ、ショックを受けます。

◆・殺された人たちの絵
 ・朝は5時起きで、夜まで休みなく働かされていた。
 ・そのためやせ細り、「足かせ」が狭かった
 ・食事はおもゆ
 ・ポルポト政権下では、
  カンボジアの全人口の4分の1が殺されていた。
 ・トゥール・スレンで生き残ったのは、1万7千人中、
  たったの7人。
 ・キリング・フィールドでは「子どもの足を持って、
  木にぶつけて殺していた
 ・エイズ患者が、地雷の埋積量が世界中で最も多い。

◆施設を訪ねる前は笑っていた4人は、料理を前に言葉を失い、
 呆然としていました

 そんな彼らに「笑ってください」というプティさん

 この言葉が、最後に皆の背中を押すキーになるんですね。

 「平和は、笑顔から始まる」…を思い出しました。
 確かこれも、マザー・テレサの言葉だったと思う。

◆そして、彼らは日本に帰ってきたのですが、
 スポンサーの逮捕でブログが炎上し、周囲の目も
 厳しいものになっていました。

 焦りのために〝ノルマ〟を設定すると言い出したり…

 軽い気持ちで参加していたサークルのメンバーも
 口々に自分の勝手を言い出します。

 その中に鋭い一言
 「日本人がカンボジアに小学校を建てようって、
  ただの自己満足じゃないの?」

 言葉に詰まりますよね。そう言われると。
 実際に彼らは悩み、無力さをかみしめて自分なりに
 答えを出していました。

◆そうだよ。
 自己満足結構!!
 行動しなければ、何も起こらない。
 始めてみなければ、何にもつながらない。。
 そう思いました。

◆やっと資金をため、小学校の開講式出席のために
 彼らは再びカンボジアを訪れます。

 「行きたいところがある」という矢野君 

 初めて行ったときに会った、HIVに感染した女性。
 彼女の前で歌えなかった事が心残りだったんですね、
 でも、彼女は1か月前に亡くなっていました 

 彼女が死んだと聞かされたときの、矢野君の喪失感は、
 筆舌に尽くしがたいものです

◆そののち
 小学校の開講式で、彼女の前で歌うはずだった歌を
 矢野君は歌うんですけどね

 彼は、彼女の顔を思い出し、泣きながら、
 子どもたちの前で精一杯歌いました。

 何度も何度も奮いたって歌う矢野君に、
 私も何度も立ち上がらなくてはと思いました。
 ちょっとくじけそうな事が多いので…。
 そう感じた人は多かったんじゃないかと思います。

◆この映画を見ていて、
 どんなに無力感にさいなまれても
 誰かに裏切られたとしても

 結局最後は、信じることしか残らないんだ
 …と思いました。

 何かを信じる為には、自分をしっかり持って
 努力しないといけないんですけどね
 分かっているのに何だか頑張る前に
 疲れていると言う日々でした・

 打ちひしがれてる場合じゃない
 主題歌のように
 一歩ずつ自分らしく…

 がんばらんば(←何故か長崎弁)

映画を見て、「フランシスコの祈り」を思い出しました。/a>ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

第2回鳴子こけし現代アート展

◆「第2回鳴子こけし現代アート展」
 参加しております。今日からです

 ついでのご用事があったら是非
 お立ち寄りください。

 日にちを教えてくだされば
 在廊しにゆきますです。

 会期 10月4日(火)~10月16日(日)
 場所 千葉県松戸市 ゲイツインギャラリー宇

 1315209766    

◆ちなみに私の作品は↓
 Dscn2007_20111001_143526  

 奥にいる奴です。
 これにヅラをかぶせております(箱は手作り)

◆今回の参加人数は、135人…
 1人3体の割り当てで、中には1体のみ出品の方も
 おられますが(私だ・笑)400体はあるんじゃないかな?

 参加者のほとんどがプロ(イラストレーター・画家・作家・版画家等)
 渾身のこけし…見ごたえありです

◆ちょっとご紹介

 作家 北村薫さんのこけし
 Dscn2008_20111003_144102

 池田あきこさんと大野隆司さんのこけし
 Dscn2016_20111003_144308  

◆会場はこんな感じです
 (昨日の搬入風景)
 Dscn2022_20111003_144936

ポチ頂ければ嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »